貸金業法成立 灰色金利09年中にも廃止

貸金業法(旧貸金業規制法)、改正出資法などが2006年12月13日、参院本会議で可決され、成立した。刑事罰を伴う出資法の上限金利年29.2%を、利息制限法の年20%にまで引き下げることで、多重債務の温床とされてきたグレーゾーン金利は09年中にも廃止されることになった。

貸金業法については、いろいろ問題が取りざたされていますね。

借入金利が下がった事で、返済はしやすくなるかと思いますが、一方で借入条件が厳しくなる事でしょうし、これからの借入には担保や保証人が求められる事が増えてくると思います。続きを読む

[アイフル]リストラ策発表 店舗を半数以下、約2千人削減

消費者金融大手のアイフルは20日、グループのリストラ策を発表した。アイフル本体や信販子会社のライフなどで計2713店ある店舗を半数以下の1193店に削減し、同時に希望退職400人を募るなどして、約1万1000人の従業員のうち約2000人を減らす計画。

やはり、グレーゾーン金利の撤廃などを受け、大手から順に、リストラが始まりましたね。これから、段々借り難い状況になってくると思いますが、闇金には手を出さないように、生活できなくなってしまします。続きを読む
タグ:アイフル

多重債務:被害者の会、20日に設立 静岡・葵区に事務所、相談や交流目指す /静岡

違法な金利の消費者金融などで苦しんだ県内の多重債務者らが20日、当事者団体「静岡クレジット・サラ金被害者の会(静岡ふじみの会)」を設立する。

静岡市葵区駿府町に事務所を置き、司法書士などを交えた被害者同士での相談や、アルコール依存症などに陥らないよう交流を目指す。クレジット・サラ金の被害者の会があちこちで立ち上がっているようですが、やはり独りで悩んでいないで最悪の事態を迎える前に、この様な相談・専門機関が全国に必要でしょうね。

弁護士、裁判所は最終の手段として、やはり一般の人には相談機関が必要だと思います。自ら行い・欲望が抑えられず借金する人もいる(私のように…)して自業自得の人もいるかもしれませんが、誰も望んで借金を繰り返して入るわけではないと思いますので。

解決します!借金返済の悩みごと
続きを読む

日給3000円のダメ女社長がたった3ヶ月で金利27%の借金地獄から見事脱出見事脱出

日給3000円のダメ女社長がたった3ヶ月で金利27%の借金地獄から見事脱出し、日給3万円、貯金700万円に大変身をとげた!ミラクル借金清算マニュアル!続きを読む
タグ:情報

[三洋信販]全国約920の全店で業務停止 金融庁命令で

過払い利息の返還を請求した債務者に対し取引履歴を不当に開示しなかったり、裁判所に改ざんした書類を提出したなどとして、金融庁から業務停止命令を受けた消費者金融大手の三洋信販(福岡市)は15日、全国約920の全店(無人店舗を含む)で業務を停止した。

昨年から多くなっていますよね、消費者金融の業務停止。消費者金融各社かなり経営が厳しくなっているでしょうね。続きを読む

「1年で300万円貯まる、借金完済・裏マニュアル!」30日

もう自己破産しかないのかなぁ・・・とお悩みのあなたに、貯金と借金返済が同時に出来る【超・裏ノウハウ】をお届けします。

「1年で300万円貯まる、借金完済・裏マニュアル!」
30日間サポートand利息制限法引き直し計算エクセルシート付

>>詳しく見る

元消費者金融社長が語る借金返済方法・消費者金融の秘密

借金で苦しい思いをしているあなたへ。

20代で500万の借金を作ってしまった私は、自己破産も

債務整理もせずにたった1年半で借金を90%返済しました。

元消費者金融社長が語る借金返済方法・消費者金融の秘密

>>詳しく見る

消費者金融からの借金をゴッソリ減らす秘術

「借金がなかなか減らない」

「返済日が迫ってるけど、返せる金がない」

「厳しい取立ての電話を何とかしてほしい」

ひょっとしてあなたは今、こんな状態ですか?

もしそうなら、私がこれからお話させていただくことが、

あなたの悩みを解決することになります。 

借金返済・多重債務でお悩みなら、続きをご覧下さい。 

>>詳しく見る

ピンチ!上手に借りるには、返すには・・・

急な出費でピンチ!っていつもかもしれませんが・・・


インターネットで簡単にキャッシングを申し込める時代になったので、沢山申し込んでしまうと、申し込みブラック!と取られ、本来は借りられる人でも、キャッシングできない事があるそうです。

(借りる事が出来ないので、あちこち申し込んでいると見られる)

申し込む時は、1日の間に3件まで。もしだめなら、一ヶ月は時間をあけて、ほかをあたる。って言うのが、鉄則らしいですね。
ただ、銀行系、消費者金融、信販系と使用している信用調査機関
(与信審査)が違う場合があるので、調べてみると一度に申し込める件数はもう少し多いかもしれませんね。

また、そのあたりはお知らせします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。